お客様の声-エニタイムフィットネス様-

エニタイムフィットネス様(熊之庄店/桶狭間店/あま七宝店)
烏森電気株式会社
Fitサポート事業部 部長 小谷野 晃志 様
昭和26年創業。電気工事一筋のプロフェッショナル集団。
多くのジムに水素水マシンを提供している販売店としても、フィットネス業界に強くかかわっています。
その中のフィットネス事業として、会員様との“距離”が近いアットホームな店舗を目指し、エニタイムフィットネスを3店舗、FC経営しています。
今回は、Fitサポート事業部部長の小谷野 晃志様にお話しを伺いました。

フィットネスに特化した広告代理店があるんだ、ということを初めて知りました

-当社を知ったきっかけは何ですか?

2021年6月のSPORTEC名古屋にて、弊社も出展をしておりまして、その際ブースの前を通りかかった際に、フィットネスに特化した広告代理店があることを知り、足を止めたことがきっかけでしたね。
2021年の2月にOPENをしていた桶狭間店の会員数が伸びておらず集客に課題感を感じていたため、お声を掛けさせていただきました。

-当社と取引前はどのような集客の問題を抱えていましたか?

当時、毎月思うように集客ができておらずなんとかしないと、と頭の片隅には常にある状態でした。
目標会員数が750人でしたが、夏時点で400人程度の会員様しかおらず、OPEN時も苦戦していたため、会員様がどうしても増えないぞ、と思っていました。
実際、販促もOPENの時にチラシ配布を行い、その後駅のホームに広告を出したこともあったのですが、それ以外は何もしていませんでした。
ターゲットが若年層なので、チラシ配布をたくさん行っても、そんなに効果はないかな、と感じてはいたものの、WEB広告を行ったことがなく、方法や手段も分からずどこに頼んだらいいかもわからない状態でした。

営業担当者との関係があったからこそ、シーズコアに決めました

-当社に集客をお願いしようと思った経緯は?

SPORTECで名刺交換をさせていただいてから、メールのやり取りはあったのですが、私も中々時間が取れずしばらくお打ち合わせが出来ていませんでした。
ですが、その半年の間も継続的に連絡交換はさせていただいておりまして、丁度東京の方に出張で来るタイミングがあったので、その時に私から三好さんに連絡して会いましょう、となりましたね。

-そのうえでシーズコアにした決め手は何ですか?

知り合いの会社様に、他の代理店様を教えていただいて、広告のこういうことができる、ああいうことができるよ、みたいな話は聞いていたのですが、自分自身とは接点がなく、シーズコアさんに同じようなことやれますか?と聞いたら、「やれます」と言っていただいたので決めました。
やはり一番は三好さんと関係性があったからですかね。

毎月報告をしていただけることが、安心につながります

-実際に当社で広告を始めてみて良かったと思う点は何ですか?

毎月フィードバックがあることですかね。
最初はWEB広告のことも分からない状態だし、本当に効果が出るかもわからないのに、毎月12~13万円の広告費をかけるのは怖かったので、ひとまず半年から始めてみるか、という気持ちで広告を始めました。
毎月の報告の際に、数字もちゃんと教えていただけるので、安心感につながりますし、継続が一番いいことも後からじわじわと感じられました。
実際、近くにあった24時間の競合ジムが、広告を始めてから1年半ほどで撤退されたので、効果があったのかな、と感じます。その際に会員様も多く自店舗に流れてきてくれました。撤退の情報をキャッチした時に、シーズコアさんと綿密に打ち合わせをして、他のエニタイムには被らない範囲で、ジム難民を拾える広告を出してもらいました。
また、少し近くに別の競合ができたときも、広告を継続して行っていたおかげで、多少の退会はあったものの、大きく凹むことはなかったですね。

-FC加盟されている3店舗とも、シーズコアにて広告を行っていただいていますが、桶狭間店以外の店舗での広告導入の経緯を教えてください。

桶狭間店で、競合が近くにできたように、他2店舗でも近くに競合が来たんですよ。
あま七宝店では、去年の夏に競合が来たんですけど、私も時間が取れず気にかけられなかったため、競合に会員様が取られてしまいました。そうこうしているうちに、熊之庄店の近くにも競合が出店するという噂が入ったので、急いで3店舗全部に広告配信を頼みました。
熊之庄店に関しては、競合のOPEN前から広告がスタートできたことと、ジム内で囲い込みのキャンペーンを行ったことが功を奏して、思ったよりも会員様を取られることもなく十分な会員数のまま夏を迎えることが出来そうです。
実際、顧客のプロット図を見たときに、競合のOPEN前後で会員様がほぼ変わっておらず、競合付近にお住いの会員様もうちに来ていただいていたので、囲い込みは成功したのかな、と思います。やってないときと比べることはできませんが、やらないよりはやってよかったんじゃないかと思います。

他のフィットネス担当者の方に、いいところを紹介してくれてありがとう、と言っていただけます

-烏森電気株式会社様は他のエニタイムフィットネスのFC加盟店様にも多くシーズコアを紹介していただいていますが、どのような思いで行っていただけているのでしょうか。

弊社で行っている水素水の契約で他のエニタイムの責任者やオーナー様とお会いする機会が多く、その時にうちも3店舗やってるんですよ、というと一気に信頼していただけるんですよね。そこで、広告どうしてるのか教えてよ!と、聞かれるんです。特に一店目の出店の方に多いですね。
うちはシーズコアさんに長年お世話になっているし、数字も実際に会員数がこんな感じで推移したんですよ、ってお話すると、ぜひ教えてよーって言われたので紹介させていただきました。三好さんなら全然ご紹介してもいいかな、という感じですかね笑
実際に、この前紹介したFCオーナー様にお会いする機会があったのですが、WEB広告の話が出てきて、いいところを紹介してくれてありがとう、と言っていただけましたよ。水素水の話ではなかったですけど笑

-最後に、集客にお困りのフィットネスの集客ご担当者様に向けて一言お願いします。

シーズコアの紹介販促ツール「トモクル」や、WEB広告一つとっても、知らない媒体、販促ってあるじゃないですか。それを皆さん知らないと思うんですよね。知らないと、損していると言いますか…
そういう方々になんか一つでも三好さんが風穴を開けれたらぱーっと広がるんじゃないかなと、そういう打開策を知ってほしいと思います。

 

烏森電気株式会社

代表者 代表取締役社長 大谷 満
本社住所 〒453-0862 名古屋市中村区岩塚町3-34
TEL 052-413-6681
HP http://www.kasumori.co.jp/
事業内容