1. HOME
  2. ブログ
  3. フィットネス
  4. ディスプレイ広告について

BLOG

ブログ

フィットネス

ディスプレイ広告について

【ディスプレイ広告】とは
ディスプレイ広告とは、WEBサイトの広告枠に表示される画像広告、動画広告、テキスト広告のこと。
バナーで表示されることが多いため、バナー広告とも呼ばれます。

サイトを見ていたら、よく画像の広告に出会いませんか?これらがバナー広告です。

 

検索連動型広告の限界をディスプレイ広告でカバーする

検索広告(リスティング広告)は、「検索」という行動をした人にしかアピールできません。
このような検索広告の”限界”をカバーするのがディスプレイ広告です。
様々なサイトに広告を出せるので、検索をする手前のユーザーにアプローチすることができます。

 

様々なサイトにテキストやバナーを表示できる

ディスプレイ広告には、

・Googleが提供する「Googleディスプレイネットワーク(GDN)
・Yahoo!JAPANが提供するYahoo!広告の「ディスプレイ広告(YDA)

の2種があります。
Googleディスプレイネットワークを使えば、GmailやYouTubeをはじめ、価格.comなど
様々なジャンルのサイトに自社の広告を配信できます。
アプリの広告にも配信が可能です。

 

ターゲティングの種類は「枠」か「人」かで分けられている

ディスプレイ広告のターゲティングの種類は、大きく2種類に分けられます。

①広告枠を指定する「コンテンツ連動型(枠)」

コンテンツを見るユーザーが今この瞬間に興味があることに関連して広告を配信できることが大きな強みです。
広告主はキーワードを使ってWebページのメインテーマを指定するか、あらかじめ分類されたトピック・カテゴリなどを指定することで広告を出稿できます。

②ユーザーの性年代や興味・関心を指定する「オーディエンスターゲティング(人)」

オーディエンスターゲティングでは、cookieという仕組みが使われています。ユーザーがWebサイトを初めて訪問したときに、Webサーバーは「cookieファイル」と呼ばれる小さなファイルをブラウザに生成します。
この「cookieファイル」をもとにユーザーの(正しくはブラウザの)Webサイト閲覧情報がサーバーに蓄積され、ユーザーの興味・関心に基づいた広告を配信する事ができます。
Webサイトの閲覧履歴に基づいて広告を配信する「リターゲティング広告」も、オーディエンスターゲティングの種類のひとつです。

 

この2種類のどちらか、または組み合わせによって広告の対象が設計されています。

 

以下に主なターゲティングをまとめます。下記の設定が可能です。

  広告枠(枠のターゲティング)  オーディエンス(人のターゲティング)
Yahoo!ディスプレイ広告(運用型) ■サイトのカテゴリ(分類・ジャンル)
■特定のWEBページや動画、アプリ
■性別・年齢
■特定のカテゴリ(分類・ジャンル)に興味があるユーザー
■過去に検索したキーワードを元に、指定されたキーワードを調べた人
■過去に自社のサービスの検索や、自社ページを見た人
Googleディスプレイネットワーク ■広告内容に関連性の高いサイト
■特定のトピックに関連するWEBページ、アプリ、動画
■特定のWEBページや動画、アプリ
■性別・年齢・子供の有無・世帯年収
■WEBの閲覧中に示した関心
■人の「属性」
■大学卒業や結婚、転職など人生の節目別のカテゴリ
■購入意向の強いユーザー
■広告を行うサービスを積極的に検索しているユーザー
■類似ユーザー
■メールアドレスや電話番号など、自社が所有する顧客データに基づくユーザー
■過去に自社のサービスの検索や、自社ページを見た人

 

オートマ化が進むディスプレイ広告

ディスプレイ広告も機械が最適なものを選んでくれる時代がやってきます。
より手軽に試すことができるようになりますよ〜!

 

弊社ではWEB媒体のご提案・運用も積極的に行っております。
お気軽にお問い合わせください。

こちらからどうぞ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事