1. HOME
  2. ブログ
  3. フィットネス
  4. 【しゅうきゃく図鑑No.003】時代に合わせていこう!

BLOG

ブログ

フィットネス

【しゅうきゃく図鑑No.003】時代に合わせていこう!

こんにちは。

コロナ禍が続き外食にあまり行けていないシーズコアの松原です。
実家を最近出て自炊するようになった私、松原。
先日酢豚を鶏むね肉で作ったのですが低温調理で作ったわけでもないのにとても柔らかくできたんです!!
片栗粉をまぶして焼いたから?ケチャップに柔らかくする効果がある?

…すみません、取り乱してしまいました。
誰かわかる方いらっしゃいましたらお問い合わせフォームからご連絡お待ちしております。

ということで、

最近スーパーによく行くようになりまして、

このような広告をよく見かけるようになりました。
非常に目につく広告
皆様も何度か見たことがあると思うのですが、こちら…

『デジタルサイネージ』

と言います。

こちらをご紹介したいと思います!

それでは、Let’s go!

しゅうきゃく図鑑 No.003【デジタルサイネージ】

「デジタルサイネージ」とは

デジタルサイネージは、駅や店舗、施設、オフィスなどに、ディスプレイやプロジェクターなどの映像表示装置を設置して情報を発信するシステムです。また、近年では、単にサイネージと言ってデジタルサイネージのことを指す場面も増えてきました。

駅や店舗での情報発信といえば、従来は紙のポスターや看板が一般的でしたが、デジタルサイネージは電子看板とも呼ばれるように、デジタル映像機器を用いることで、より多くの情報を、手軽に、タイムリーに発信できることから、近年大きな注目を集めています。

◆デジタルサイネージのメリット

1.特定のターゲットに訴求できる
特定のターゲットにとって適した最新の情報を配信することが可能です。従来の紙のポスターや看板とは異なり、時間帯に合わせてコンテンツを変更できたり、設置場所に合わせてコンテンツの出し分けができるなど、柔軟に対応することができます。

2.動画による視認性の強化でユーザーを引き付けられる
デジタルサイネージでは、視認性を高めることで人を惹きつけることが可能です。
文字だけや静止画よりも、動画のほうが伝わりやすいことは周知の事実です。デジタルサイネージではさらに音声付きで動画配信することも可能です。通りかかるユーザーの目や耳を引く情報を発信することで、販促につながります。

デジタルサイネージの特徴

今回はスーパーの店頭のデジタルサイネージを中心に紹介します。

リアルな売り場に最も近く、購買意思決定直前に訴求できる店頭サイネージメディアです。

-どのような時間帯にどのような客層なのか?
平日日中:20代から60代主婦層等が中心
平日夕方:20代から50代女性等を中心としたビジネスパーソンも多く利用
休日:20代から60代ファミリー層等が中心

店舗では、お客様の来店時にお買得情報やウィルス感染防止対策などの情報を伝える手段として日々活用されています。
広告主様からの情報もお客様の来店時にしっかりと届けることができるメディアとしてご活用いただけます。

◆デジタルサイネージ設置個所

各店舗のメインエントランス付近に設置されております。

レジカゴやショッピングカート、アルコール消毒液の付近に設置されているので、

日々の来店時に高確率・高頻度の視認ができます。

◆店頭サイネージ設置例

 


 

◆各店舗料金

なんと!

1サイネージ30,000円(2週間)で実施が可能です!

全店舗

新宿を起点に3路線を有する小田急電鉄沿線を中心に展開する都市型スーパーマーケットチェーンです。ニューファミリー層にも人気の高い住宅エリアが多く、また沿線には大学が多くあるため学生が多く住んでいるのも特徴です。

 

クイーンズ伊勢丹は首都圏を中心に出店している高品質な食品専門のスーパーマーケットです。
ポピュラーな商品からこだわり商品、輸入食材まで幅広い商品展開が人気の高級スーパーです。

 

神奈川県東部を基盤に横浜駅~横浜南西部をカバーする横浜エリアの主要路線である相模鉄道沿線を中心に展開するスーパーマーケットチェーン。
神奈川県下ナンバーワンを目指す地域密着スーパーです。

 

関東私鉄で最も長い営業距離を誇る東武鉄道沿線の駅前を中心に東京(北部)、埼玉、千葉エリアにおいて地域密着型スーパーマーケットチェーンを展開。沿線には大学や高校が約300校と多く点在することも特徴です。

 

東京都東部、千葉県北西部の生活圏に延びる京成電鉄沿線を中心に展開するスーパーマーケットチェーン。
特に生活者ボリュームの多い千葉北西エリアを強みに地域密着スーパーとして展開しています。

 

東京を中心に千葉、神奈川エリアにて展開するスーパーマーケットチェーン。
多くの店舗は“大都市の人口密集地”かつ“駅前”(駅からの至近距離)にあります。
比較的店舗面積は小さめですが豊富な商品を扱う地域密着スーパーです。

 

◆店頭サイネージの特性

-メディア

・誰もが必ず通る店舗入口で訴求可能。
・店舗販促情報と広告が交互に放映するため、視認率も高く非計画購買層へも直接リーチが可能。
・店舗配荷商品だけでなく主婦向けサービスや沿線企業の広告出稿も可能なのでスポーツジムの広告にも向いております。

-利用者

年代   :20代~60代
男女比:男性30%、女性70%
特徴   :駅前・駅中店舗も多く、サラリーマンや OL、DINKS・ニューファミリー層が多い店舗になっております。

 


 

『人の注意を引きやすい』デジタルサイネージ。

ポスターなどの静止状態の広告に比べて、デジタルサイネージは「動く広告」であるため、表現の幅がぐんと広がります。

自分の店舗をよりアピールしたい、もっとたくさんの方に知ってほしい

こういう企業様にまさに適した広告となります。

がすぐ埋まってしまう広告でありますので早めのお問い合わせください!

お問合せいただけますと実施可能なサイネージが御社の近くにあるかどうかなどもお調べできますので

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはコチラ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事